職場におけるハラスメント行為は人権にかかわる問題であり、社員の尊厳を傷つけ職場環境の悪化を招く、ゆゆしき問題です。当グループでは、下記のハラスメント行為は断じて許さず、すべての社員が互いに尊重し合える、安全で快適な職場環境づくりに取り組んでいきます。

(1)パワーハラスメントに関する行為

(2)セクシュアルハラスメントに関する行為

(3)妊娠・出産、育児・介護に関するハラスメント行為

(4)その他のハラスメント行為

その他にも、精神的な嫌がらせを繰り返したり、差別的発言等もハラスメントに含まれます。

  • 行動指針

管理職を始めとする全社員は、研修などによりハラスメントに関する知識や対応能力を向上させ、ハラスメント行為を「しない」、「させない」、「許さない」企業風土づくりに取り組んでいきます。

令和3年9月1日

東グループ代表 黒米 清